たにだの孤島

くそデッキを愛するすべての人へ

【デッキ紹介】恐竜サンダードラゴン

デッキ紹介

  サンダードラゴンの相方としてEXデッキを使用せずに制圧効果のある恐竜を採用しました

  究極進化薬でサンダードラゴンを除外できたり黄金櫃が共用できたりとテーマ相性がバツグンの組み合わせです!

 【メインデッキ】

f:id:tanibro:20180717012832p:plain

 【エクストラデッキ

f:id:tanibro:20180717011916p:plain

1.カード採用理由

 (1)恐竜セット

  基本引きたくないので最小限です

  ゴアトルス:終末で落とす用+進化薬で出す用で2枚

  アルコン :ゴアトルスで制圧した後のワンキル用で1枚

  レックス :黄金櫃でランク4を狙うor素引き進化薬のコスト用で1枚

 

 (2)封印の黄金櫃

  1枚で召喚権も使用せずに超雷龍がでるのは有名なコンボです

  (雷電除外して雷鳥サーチ、雷鳥効果で雷電SSしてリリースし超雷龍SS)

  ほかにも終末や太陽電池と一緒に引くとさらなる展開が可能になります

  手札でかぶってもターン1使用制限ないのでジャイアントレックスを除外してSSするなど強力なカードです

  スタンバイに回収する効果もねらっていっていいと思います

 

 (3)簡易融合

  先行時は雷神の怒りをだして超雷龍などの展開に使用できます

  後攻でもサウサクを出して切り返しに一役買う万能カードです

  かぶりが弱いため2枚採用

 

2.展開例

  (1)終末の騎士+黄金櫃

  場:見習い魔嬢+超雷龍+ゴアトルス

    (1900)+(3100)+(3200)=(8200)

  ※2回目のスタンバイに雷獣回収

 

終末NS efゴアトルス落として進化薬サーチ

黄金櫃ef 雷獣除外し雷電SS

終末と雷電で見習い魔嬢SS

雷電ef雷鳥サーチ

雷鳥ef雷電SS

雷電リリースして超雷龍SS

フゴアトルスと終末除外して進化薬efゴアトルスSS

 

  (2)太陽電池メン+雷鳥

  場:トポロ+超雷龍+雷神龍

    (3000)+(2600)+(3200)=(8800)

 手札:雷源

 墓地:雷龍融合(除外して雷族サーチ)

 

太陽電池NS ef雷獣落とす

雷鳥ef雷獣SS

太陽電池efトークンSS

トークンと雷獣でカミナリサマーSS

雷獣ef雷電SS

雷電リリースして超雷龍SS

雷電ef雷龍融合サーチ

カミナリサマーと太陽電池でサモソSS

サモソef雷源SS

雷源龍リリースして超雷龍SS

雷源ef同名サーチ

サモソと超雷龍でトポロSS

雷竜融合で超雷龍と雷源と雷鳥をデッキに戻して雷神龍SS

トポロef 超雷龍と雷神龍の代わりにサモソとカミナリサマーと太陽電池を除外

 

3.プレイで気を付けること

 (1)ゴアトルスorアルコン

  最初の究極進化薬で出す恐竜は基本的にゴアトルスです

  理由は現環境は魔法を使用するテーマが環境に多い

  ゴアトルスで制圧からのアルコンでワンキルを基本的な勝ち筋とするためです

  魔法罠をあまり使用しない(超雷龍で無効化できる場合なども含めて)デッキやアルコンが有効なデッキ(彼岸など)が相手の場合はそちらから出していくことも考えましょう

 

 (2)必要ないカードは雷鳥でデッキに

  恐竜関係のカードは基本的に引きたくありません

  引いてしまった場合で余裕があれば雷鳥の効果でデッキに戻して誘発や展開札をさがしに行きましょう

  

以上がデッキ紹介です 

 

 恐竜と雷龍、ふたつの”リュウ”で相手を圧倒し、勝利しよう!!

【デッキ紹介】磁石の戦士

デッキ紹介

リンク召喚で展開が大幅に変わった磁石の戦士デッキの紹介です

磁石の戦士はいろいろなリンクモンスターと相性がよく特にブロックドラゴンはリンク素材としてとても優秀です

 

こだわりポイントとして、デッキのモンスターをすべて地属性にしてみました!

 

【メインデッキ】

f:id:tanibro:20180717022555p:plain

エクストラデッキ

f:id:tanibro:20180717022613p:plain

 

1.カード採用理由

 (1)ブロックドラゴン

手札墓地から地属性を3枚除外して手札墓地からSSできるモンスターです

墓地へ送られた時の効果で「土器+電磁石の戦士2種」をサーチでき連続して展開・リソース回復につなげます

また、場の岩石族に破壊耐性を付与するのでトポロジックの効果で破壊されなくなります

 

 (2)切り込み隊長ジャンクフォワード

SS可能なレベル3地属性ということで採用

初動ではこいつらと磁石の戦士でケルビーニを立ててから動くことを想定しているので3枚ずつです

 

 (3)激流葬

SS封じやモンスター‣対象耐性の置物を除去するために採用

ブロックドラゴンやケルベロスで破壊耐性をつければこちらの盤面は維持したまま除去が可能です

2.展開例

  (1)☆3+☆3+ブロドラ

  場 :トポロ+トライゲート+ゴブリン+ケルベロストークン(墓地リンクリ)

  手札:ベルセリオンor α

 

☆3 2体でケルビーニSS

ケルビー二でダンディ落としてトークンSS

トークンでリンクスパイダーSS

トークンとリンクスパイダーでゴブリンSS

ゴブリンefブロックドラゴンをコスト

☆3 2枚とリンクスパイダー除外してブロックドラゴンSS

ゴブリンとブロックドラゴンでトライゲートSS

ブロックドラゴンef土器+電磁石α+βサーチ

土器召喚 ef βコストにγSS

γ ef αSS

α efベルセリオンサーチ

γとαでメリアスSS

メリアスefダンディSS

メリアスとダンディと土器でガイアセイバーSS

ダンディefトークンSS

トークンでリンクリSS

墓地のダンディと土器とメリアス除外してブロックドラゴンSS

ガイアセイバーとブロックドラゴンでトポロSS

ガイアセイバーとαとγ除外してブロックドラゴン

 リンクリとブロックドラゴンでケルベロスSS

 

3.プレイで気を付けること

 (1)展開後の切り返し

  エクストラデッキは展開で使うものがほとんどで、展開した後に盤面を返されてしまうと厳しい場合があります

  対策として、展開の最後にベルセリオンをサーチしておくと切り返しが可能です

 (2)トポロジックのデメリットに注意

  トポロ+ベルセリオン+ブロックドラゴンで8500打点あるので2ターン目にワンキルする動きはよく使います

  トポロの効果を使用すると自身以外は攻撃に参加できなくなるので、8000打点以上あるときはベルセリオンやケルベロスで除去を狙っていきましょう

 

以上がデッキ紹介です 

 

 ABCユニオンと同期の電磁石はやればできる子!

【デッキ紹介】ジャックナイツ帝

 デッキ紹介

  帝とジャックナイツのハイブリッドデッキです。後攻をとって、烈旋やジャックナイツで切り返し勝利を狙います。

 展開力のある、回してて楽しいデッキに仕上がりました!

 

 

f:id:tanibro:20180311031604p:plain

 

1.カード採用理由

 (1)ジャックナイツ

  後攻だと比較的ゆるい条件でSSでき、後続確保までできるテーマです。単体で出しても強いですし、帝のリリース素材として活用しようと思い採用しました。

  リリース素材としてジャックナイツを墓地におくれば即座に紅蓮の効果で盤面処理できます。

 (2)真帝王領域

  最上級帝のレベルを効果で下げ、ジャックナイツをリリースして召喚、という動きを目指したいため3枚フルで採用しました。切り返しと制圧に一役買います。

 (3)星遺物に眠る深層

  ジャックナイツを蘇生すればモンスター効果無効の妨害に、クライスを蘇生すればモンスター破壊の妨害になります。妨害以外にも蒼穹蘇生からの展開やクライス蘇生からの2ドローなど様々な用途で使えるカードです。

 

2.展開例

  (1)アイテール+蒼穹+真帝王領域

  ⇒アイテール+エレボス+紫宵 (2800+2800+2500=8100)

  蒼穹SS ef紫宵サーチ

  真帝王efアイテールのレベルを下げる

  蒼穹リリースしてアイテールNS

  アイテールef魔法罠落としエレボスSS

  紫宵SS

 

3.プレイで気を付けること

 (1)イデアエイドスに手札誘発をうたせない

  イデアにうららや夢幻泡影を当てられるとそのターンは帝を展開できなくなります。汎神や深怨、ジャックに誘発をうたせてからイデアエイドスしましょう。

  ジャックや帝王の烈旋のみでリリース素材を用意した場合も帝展開を確実に行えるのでねらっていきましょう。

 (2)ジャックナイツ+アイテール=ワンキル

  ジャックナイツを引いていると後攻ワンキルを狙えます。アイテールや真源で打点を追加してライフを削っていきましょう。

 

以上がデッキ紹介です 

 

 最上級モンスター達で盤面を制圧DA!

【デッキ紹介】バニラHERO

f:id:tanibro:20180218200412p:plain

デッキ紹介

サポートが豊富なHEROの融合デッキです

 さまざまなHEROを採用したので、どの融合体を召喚するのか選べて楽しいです

 

融合HEROが好きな方やマスクHEROに飽きた方にオススメです!

 

1.カード採用理由

 (1)融合回収

  リソース消費が激しい融合召喚の強力サポートです エアーと特に相性が良く、回収するとそのまま召喚してHEROが2体そろうので次の融合召喚が保証されます

 (2)予想GUY

  イゾルデをリンク召喚するために使います

 (3)ヒーロー・ブラスト

  バニラHERO回収とフリチェ破壊を1枚でこなすカードです 対象をとらないのでハリファイバー等にも有効です 破壊効果は墓地のHEROの攻撃力参照な点は注意です

 

2.展開例

  (1)予想GUY+ヴァイオン

  ⇒イゾルデ+リンクリ+アブソルートZero

 

  予想GUYef任意のバニラHEROss

  ヴァイオンns efシャドミを墓地へ

  シャドミef任意のHEROサーチ

  ヴァイオンef融合サーチ

  バニラHEROとヴァイオンでイゾルデss

  イゾルデefバブルマンサーチ

  イゾルデef月鏡送りドリームガイss

  ドリームガイでリンクリss

  融合efバブルマンと任意HEROでアブソルートZeross

 

3.プレイで気を付けること

 (1)意識してライフを削る

  このデッキは長期戦になるとリソース切れが激しいので不利です 序盤から融合HEROやオネスティの効果を使ってライフを削っていきましょう

 (2)ワイアームで詰め

  ワイアームは効果モンスターに耐性があり、デッキによっては破壊されないこともあります(彼岸など) 相手のデッキが処理できなければワイアームで勝利できます

 

以上がデッキ紹介です 

 

 HEROはプールが広いので自分好みに調整して遊んでみてください!

【デッキ紹介】剛鬼

f:id:tanibro:20180121004509p:plain

 デッキ紹介

 

1.カード採用理由

 (1)剛鬼カード

  剛鬼モンスター:引いていないと展開できないので基本は3枚採用しました。ハッグベアはランドオルスをつくる用、スコーピオは初動と召喚できる最高打点として採用してます。

 

  剛鬼再戦:パワーカードです。2体剛鬼SSしてシンクロしたり、リンクした後に2枚剛鬼カードをサーチできます。これ1枚でヴァレルロードが立つのは圧巻です。

 

  剛鬼フェイスターン:おもにランドオルスのコスト用です。再戦で守備で出た剛鬼に使って打点に変更等もできます。リンク剛鬼も蘇生できます。

 

 (2)TGストライカー

  サモンソーサレスでSSできる戦士チューナーです。自分の効果でもSSできるのがえらいです。

 

 (3)屋敷わらし

  ハリファイバーでSSできる地属性☆3チューナーです。ヘッドバットとナチュビ、スープレックスとランドオルスをシンクロできます。もちろん手札誘発として使用してもOKです。

 

2.展開例

  (1)スープレックス+剛鬼モンスター

  ⇒場:ナチュビ+ランドオルス+ハリファイバー+バット(orマンジ)

   手:剛鬼カード1枚+戦士族1枚

 

※1剛鬼モンスターがマンジだった場合、場にバットではなくマンジが残ります

※2剛鬼モンスターがベアだった場合、サーチが1枚減ります

 

  スープNSefツイストSS

  2体でイゾルデSS

  イゾルデ,スープ,ツイストefベア,バット,任意の戦士族サーチ

  イゾルデefマンジSS

  バットefベアを墓地送ってSS

  マンジとイゾルデでソーサレスSS

  マンジef再戦サーチ

  ソーサレスefストライカーSS

  ソーサレスとストライカーでハリファイバーSS

  ハリファイバーefバルブSS

  再戦efスープとベアSS

  バルブとスープでナチュビSS

  バルブef自身SS

  ベアとバルブでランドオルスSS

  ベアef任意の剛鬼カードサーチ

  (相手ターン)

  ハリファイバーefTGワンダーSS

  TGワンダーとバットでブラックローズSS

  バットef任意の剛鬼カードサーチ

 

3.プレイで気を付けること

 (1)ハリファイバーを残すか判断

  ハリファイバーをTGワンダーに変換するとEXゾーンが埋まります。再戦でSSした剛鬼は守備表示なのでライフを削りにいくにはリンク召喚したいのでTGワンダーがじゃまになります。不用意に使用せず状況を見極めて使用しましょう。

 

以上がデッキ紹介です 

 

 新規で大幅強化された剛鬼!環境なるか!?

【デッキ紹介】炎王真竜皇

f:id:tanibro:20180114023208p:plain

デッキ紹介

 真竜皇と炎王獣で破壊されたとき効果が発動するモンスターを破壊して戦うデッキです。破壊するカードとされるカードをそろえる必要があるのですが新規の「雪花の光」のおかげで、そろいやすくなりました。

 

  炎属性が好きな方や真竜皇が好きな方にオススメです!

 

1.カード採用理由

 (1)真竜皇カード

  ・アグニマズドV

   ガルド、ネフ、九尾と破壊したいカードが炎属性のため当然3枚採用。炎を2体破壊すると対象をとらない除外を使えるので積極的に狙っていきたいです。

 

  ・マリアムネ

   アグニだけでは破壊するカードが足りないため採用。風属性はエアサーキュレータの存在があるのと、自身の破壊されたとき効果でもアグニをサーチでき、このデッキのコンセプトとあっているから風真竜皇にしました。

 

 (2)九尾の狐

  破壊されるとトークンを2体生成する狐です。トークンでドリトル作って破壊時効果でうららを回収しましょう。サッカーで1ドローもできます。このデッキを作ろうと思ったきっかけなので3枚採用。

 

 (3)雪花の光

  このカードのおかげでデッキとしての完成度がかなり上がりました。このデッキだと「強欲な壺」+「手札交換」の効果をもったカードとして使用できるます。破壊するカードと破壊されるカードをそろえるのに役立ちます。

 

2.展開例

  (1)手札:マリアムネ+ガルドニクス+エアサーキュレータ

 

   ⇒場 :ガルドニクス

    手札:アグニマズドV+1ドロー+2枚手札交換

 

 (2)手札:アグニマズドV+九尾+ウルフバーク+モンスター1枚

  墓地:星4獣戦士

 

   ⇒場 :アグニマズドV+ドリトル+ガガガザムライ

       3400+1900+3800=9100

 

3.プレイで気を付けること

 (1)マリアムネとアグニマズドの優先順位

  どちらも使用できる際はマリアムネから使っていきましょう。アグニは破壊されたとき墓地の幻竜をサルベージできるのでマリアムネが墓地にいる状態で使うとバリューが高いです。

  アグニの除外効果を使用したい、炎を2体破壊したいときは仕方ないのでアグニから使いましょう。

 

 (2)ガネーシャ効果を自分モンスターに使用

  ガネーシャの無効効果を自分のアグニ効果に使うと1枚のみ破壊できます。あまり使いませんが手札に破壊したくないカードがある場合に使います。

 

以上がデッキ紹介です 

 

 ついに、炎王にもリンクの波が来た

【デッキ紹介】メタル真竜

f:id:tanibro:20171216231339p:plain

デッキ紹介

メタルと真竜の相性の良さを生かしたデッキです。

ガチガチの先行制圧するデッキではないので相手との対話ができるいいデッキです。

 

ほぼすべてのカードが展開札なのでとんでもない事故も少なくいいデッキです。

 

また、メタルと真竜を合わせることで、各ドレイン罠、EX封じ、特殊召喚封じ、アドバンス封じと様々なメタに対して柔軟に戦うことができる本当にいいデッキです。

 

1.カード採用理由

 (1)アストログラフマジシャン

 エレクトラム効果でEXに送り、Pゾーン割ってアストロを回収、そのままアストロSSのコンボは強すぎます。

 また、メタル通常召喚とこいつでP召喚せずにエレクトラムまでつなげます。その場合EXデッキからP召喚で2体展開できるのでリソースを減らさずメタル融合やニンギルスを展開できます。

 真竜割ってそれをトリガーにSSして真竜サーチすることもできます。

 初動から中盤まで幅広く使えるので3枚採用。

 

 (2)レスキューラビット

 1枚でエレクトラムになれます。つよい。3枚採用。

 可能ならこいつの効果使用前に真竜を召喚しておくと、うらら打たれたときに精神が崩壊しなくて済みます。

 

 (3)真竜カード

 本当はもっと採用枚数とか考えたいのですが規制が厳しすぎます。安定させるため全部採用。モンスターの過度なだぶりは弱いですが、1枚は引きたいです。

 魔法罠もかぶりは基本弱いですが、黙示録でごまかせるのはいい点です。

 減らすならイグニスH、増やすならアグニマズドVとかでしょうか。

 

2.展開例

  (1)メタル2枚+ラビット

   ⇒場:エレクトラム+メタル融合体(メタルスケール1枚)

   手札:2ドロー+メタル1枚

 

スケールが8のみでビスマギアなしだと手札のメタルがないです。

以下手札スケールが1のみまたは揃ってるパターン。

 

ラビットNS 効果でメタル2体SS

エレクトラムSS 効果でビスマギアをEXへ

メタルをPゾーンにおき、エレクトラム効果で破壊、ビスマギア回収

エレクトラム効果1ドロー

ビスマギアと手札メタルでEXメタル2体P召喚

メタルでビスマギア破壊し融合セット、ビスマギア効果

融合でP召喚したメタル2体素材にメタル融合SS

墓地融合効果で1ドロー

 

実際は真竜が展開にからんだりチキンレースあったりでもっとつよく動けることも多いです。

 

3.プレイで気を付けること

 (1)魔法罠ゾーンの管理

 Pゾーンを使用すると魔法罠は3枚しか置けません。しかもメタルの効果で魔法罠ゾーンの使用頻度が高いデッキです。メタルで割りたいカードがあるのに魔法罠ゾーンが空いていなくて使えなという状況は避けたいです。メタル効果を使用できるだけするというのは避け、次ターンの展開も考えたほうがいいです。

 

 (2)ドローは引きたいカードの確立を上げてから

 エレクトラムや錬装融合などの効果でドローする機会が多いです。できればメタルの魔法罠セット効果を使用し、デッキを圧縮してから狙いのカードを引きにいきましょう。ミスリエル効果を使用するとデッキにゴミが増えるのでドロー後に使用するといいと思います。

  

以上がデッキ紹介です 

 

 エレクトラムを1番うまく使えるのは「メタルフォーゼ」なんだ!